新着情報

新着情報

宗教上等の理由で輸血を拒否される患者様へ

宗教上等の理由で輸血を拒否される患者様への対応

宗教的輸血拒否に関する当院の基本指針

(1) 宗教的理由により輸血拒否の意思を患者様が示した場合、人格権の尊重という観点からその意思を尊重して一般的な診療・処置には応じます。
但し、救命手段として輸血が必須であると病院が判断する緊急事態において輸血は行います。(相対的無輸血)
(2) いかなる状況でも輸血を行わない医療(絶対的無輸血)を患者様があくまで求める場合は、無血での処置や手術を承諾する契約は結びません。
上記の絶対的無輸血を前提とした免責証書を患者様やご家族から提出される申し出があったとしても、これを受け取りません。

 

医療法人社団翠明会 山王病院
院長  谷嶋 つね

詳細は、当院ホームページ内 宗教上等の理由で輸血を拒否される患者様へ をご覧ください。

TOP