緩和ケア

緩和ケア

患者様とご家族様の苦悩と苦痛を和らげることを目指す
細やかな心遣いと温もりあふれるホスピスです

緩和ケア(ホスピス)医療とは、病気そのものを治療することができない状態になった患者様とそのご家族様のために、肉体的・精神的苦痛の緩和を行う(終末期)医療です。

終末期においては、治療を目指して何かを「する」手段はなくなっても、最期まで患者様のそばに「いる」ケアが重視されます。大切なことは患者様とご家族様は共同体である認識に立ち、ご家族様の価値観を統合・意思決定をし、患者様とご家族様にとり、可能な限り良好な生活環境を実現することを目指しています。


副院長・内科部長 緩和ケア病棟長夏木 豊

経歴:
昭和61年千葉大学医学部卒業、同年千葉大学第一内科入局
社会保険船橋中央病院、都立豊島病院研修
資格:
医学博士 消化器病学会指導医 消化器病学会専門医
肝臓学会専門医 超音波医学会専門医 日本内科学会総合内科専門医

消化器科部長 緩和ケア医長谷嶋 隆之

経歴:
平成4年千葉大学医学部卒業、同年千葉大学医学部第一内科入局、平成5年~栃木県厚生連石橋総合病院勤務、平成7年~千葉県立がんセンター勤務、平成12年千葉大学大学院修了
資格:
医学博士
専門:
消化器内科

TOP