院内感染対策指針

院内感染対策指針

山王病院 院内感染対策 指針

基本的な考え方

医療関連感染の発生予防に関し、病院内の感染対策の予防、実施に関する事項を迅速かつ、機能的に活動することを基本方針とする。

運営

ここに、院内感染対策委員会を設置し以下する。
1.
院内感染委員会は委員長が招集し原則として月1回の定例委員会を開催する。
但し、委員長が必要と認めた場合、臨時に開催することができる。
2.
委員長が事情により委員会を招集できない時には、委員長代行者が委員会を招集し開催する。
3.
委員は、事情により委員会を欠席する場合、代理者をたてることができる。
4.
委員以外でも委員長の要請・承認を得て委員会に出席することができる。

基本方針

1.
医療関連感染に関する情報の収集・解析。院内感染発生状況を把握するための監視サーベイランスを実行し、感染対策の推進を図ること。
2.
医療関連感染に対する対応策の決定と実行。必要に応じた感染発生原因の疫学調査を行なう。
3.
医療関連感染の発生防止に係わる調査および対策の実行をする。
4.
医療関連感染の発生防止のためのガイドライン・マニュアル(院内感染対策マニュアル)作成および実施状況の監視と点検を行なう。
5.
医療関連感染の発生予防のための院内環境向上の実践。病院内の滅菌消毒業務および清潔度の調査をする。
6.
研修会について
医療関連感染対に関する職員への教育・啓発を目的とした、年2回以上の研修会を実施する。対象は全職員とし、必要があれば臨時に研修会を行う。
7.
医療関連感染の発生防止に必要と思われる活動を行う。
8.
医療関連感染症の発生状況について、細菌検査報告状況を作成する。

医療法人社団翠明会 山王病院
H29年01月 改訂

TOP