耳鼻咽喉科

睡眠時無呼吸症候群(SAS)・いびき

睡眠時無呼吸症候群(SAS)・いびき

いびきをかく人が、まず注意しなければいけない事は、無呼吸になっていないかということです。いびきに無呼吸を伴う睡眠時無呼吸症候群は、熟睡できないことによる日中の眠気のほか、高血圧、糖尿病、心臓病、脳卒中などの合併症を起こしやすいことが知られています。診断は、睡眠検査を行って無呼吸の回数を測定して行います。無呼吸の原因となるのは、肥満、顎が小さい、軟口蓋(のどちんことその周囲)にたるみがある、鼻づまりがある、口呼吸になっている、などです。治療は、鼻、のどの診察を行って、いびき・無呼吸の原因に応じた方法を選択することが大切です。治療としては、CPAPという治療装置を毎晩もちいる、マウスピースを歯科で作成してもらい毎晩装着して寝る、鼻炎や副鼻腔炎の治療をする、鼻やのどの手術をするなどが挙げられます。

肥満によってのどが
全体に狭いタイプ

扁桃肥大でのどが
狭いタイプ

顎が小さいために舌で
のどが狭くなるタイプ

当院における睡眠時無呼吸症候群の診療実績

睡眠時無呼吸症候群では、鼻やのどの状態を診断する必要があり、耳鼻咽喉科での診察が必要になります。一方、この病気では、肥満、高血圧、糖尿病などの合併症がある場合が多く、内科的な治療が必要となります。このため当院では、内科、耳鼻咽喉科が担当科となり、両科が協力して診断と治療にあたっています。また、マウスピース治療が選択された場合には、当院の歯科でマウスピースを作成し、おもに耳鼻咽喉科で効果を評価しつつ、患者様ごとに最適な治療法をみつけるように心がけています。

一泊入院による睡眠ポリグラフ検査の件数

耳鼻咽喉科 内科 合計
2015年 16 64 80
2016年 11 44 55
2017年 14 71 85

携帯装置をもちいた自宅での睡眠検査の件数

耳鼻咽喉科 内科 合計
2015年 93 130 223
2016年 83 79 162
2017年 60 104 164
TOP